2008年03月29日

機会

興味あるなし別として、休日に、お金払ってまで人の話を聞きにわざわざ遠方まで行くなんて、オイラにとってはかなり珍しい事。
普段なら天気のいい休日、カメラ持って花見にでも出かけるトコロだ。(とか言いながら最近は出無精で家でグウタラ傾向にある…)

てい談今回は友人の紹介で、今関心のあるテ−マの「てい談」というものに参加してきた。

目上の方中心で、遅れて参加したオイラはその場浮いていた感があるが、まぁ気にしない。
机にむかい人の話を聞く…学生気分とはまた違う感覚だな…。
時代と共に変化する社会に今起きている問題など、色々考えさせられる…とても参考になった。


今向かうべき道が厳しい世界である事は確実で、新参者が夢心地で入っても、すぐ泣きをみるようなもんだろう。
承知だ。

しかしこれも確実で、若手担い手が求められている現状、更には「食に関する様々な問題」にスポットが当たり、消費者間の意識や価値が高まっている。

何か新しい物事に踏み出すにはデカイ勇気と、ある程度の道標が必要だ。
そして欠かす事ができないのは「人との繋がり」だ。こうした機会、大切にしていきたい。
  

Posted by magna250_5945 at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月27日

虎馬

昨日、少々ワケあって銀座へ配達。
DUCATIでバイク便はかなりレアだ。

首都高に乗る



どこからともなく流れ込んでくるF−1のBGM…

目の色変えて、身体中の神経を車間とスピードに集中。
相棒と一体化したオイラはもはやトマラナイ。
まるでスターウォーズのガンシップを操ってるつもりか…相棒の車幅+10僂△譴亶圓。

危ない橋は渡らない。
まぁ危険だが確実に渡れる橋を的確に見分けて爆進する。

でも
十分なスペースがあっても抜きに行けない時がある。


黄色線

黄色い車線だ。
バイク乗りにとっては特にイケスカナイ恐怖の線。

オイラはコイツを跨いで免停のイエローカードを受けた過去がある…(積み重ねで)

以来こう考えるようにしている。

この線の上には見えないデカイ壁が立っている。
もしくはレ−ザ−光線が出てて線を踏んだ瞬間に車体ゴト真っ二つに切断されるとか…。

ようはクダラナイ違反して切符切られたくないだけだけど何か?

あの見つかった時のやっちまった感…2度と味わいたくない。
背後から猛スピードで甲高いサイレンとパトランプが…あわわあわわ…イヤダねあれは。

白バイとタクシーと黄色線と一時停止線恐怖症は続く…。
  
Posted by magna250_5945 at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月26日

鼻唄

さくら

さくらぁ
さくらぁ

…らららららららぁ〜♪
(独唱:次の歌詞が出てこねぇ…)

市場と和光事務所を花ギッシリ積んだ車で荷移動往復。

日中この春陽気にこの気温、5分咲きの桜並木を横目に眺めてら気分上々。
鼻唄も心地良い。
車内は一人→爆唄で爆笑。
えぇじゃないか。

桜満開も目前だな…
  
Posted by magna250_5945 at 21:22Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月25日

紛失

お気に入りSリング

はぁ…

あぁ…

社会人3年目から今まで、外(家にいる時以外)ではず〜っと身に着けてきたお気に入りのシルバーリングを無くした。
写真右手の細いの。

中ショッキング…

農作業後の昼休憩中である事は間違いないが、畑のどっかに落としたか…。


お守りというかパワーの源というか、オイラにとっては生活アイテムの一部だった。
シックリ右手人差し指に馴染んでいたアイツ…今は何処でオイラが見つけるのを待っているのやら…。

昨日身近なトコロからヒョッコリ見つけた!


…夢を見た。

はぁ…
  
Posted by magna250_5945 at 19:18Comments(3)TrackBack(0)

2008年03月18日

可能性とリスク


思い描く理想
可能性に期待

現実
闇に足向けしている
暗い情報
厳しい社会情勢
大半誰もが歩みを反対、疑問

逆境にも揺るがない勇気、信念が必要
家族に対する具体的示し、見通しプラン必要

人生一度きり
結果は2つ
やらなきゃ0

スタートラインまでやるべき事具体化

求める価値、人生の価値
共有すべき価値
とリスク


ちゃんとしなきゃ…
  
Posted by magna250_5945 at 19:02Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月13日

得るモノ

高校生時代のように四六時中会っていた頃から比べれば、随分疎遠になってしまったなぁと思える友人とのコミュニケーション。
もうアポ無しで「暇?今から〜行くぞ!」なんて計画性のないオイラに付き合ってくれる面子は数少ない。
いうまでもなく、それぞれに家庭があり、仕事がある。仕事で遠方へ転勤なんてのも一つの理由か。

そんな中、今でも繋がってる親友がいる。

彼は親友であり心友だ。
いつもオイラのクダラナイ話や恋愛話、仕事の話、愚痴話、悩み話を親身になって対話してくれる。
そして、自分には無いもの、得意ではないトコロに「プラスに歩む為のヒント」を与えてくれる。
気心知れた友人だけに、何の遠回りもせずストレートに話し合えるのは気持ちがいいし、素直に有り難いと思える。

こら一生モンの大切なヤツだな。

ダ−ツ勝敗:8戦4勝4負
五分五分、いい勝負だ。
  
Posted by magna250_5945 at 14:21Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月07日

時代

75491cf2.jpgたまたま目に飛び込んできた新聞記事(キャンペーン広告 )。

街あげて国あげて、こんな事を国民に呼び掛けないとならん世の中なんだなぁ…
なんとも哀しい信じたくない現実か。

命を絶つということは、相当なパワーが必要なはずで、それを勇気と呼ぶならば何でも出来そうな気がするんだけどなぁ…死にものグルイで職種選ばず働くとか…。

当事者としては、そんな簡単なもんじゃないんだろうな…。
  
Posted by magna250_5945 at 12:23Comments(4)TrackBack(0)

2008年03月02日

癒し

81327731.jpgいやぁ〜さぁ〜…
アンタその寝姿…
例えばイラっとしてたとしても
緩んじゃうわな。
ずるいよ…。
  
Posted by magna250_5945 at 19:08Comments(4)TrackBack(0)

2008年03月01日

難しさ

自分以外の誰かに物事(仕事)を教える難しさってのを改めて感じる今日この頃。
相手が純な高校生なら尚更の事…

社会人になる為の心得。
チ−ムの一員としてどんな働きをするのかとか、どうやって求められる存在を築いていくのかとか、どうやってコミュニケーションをとっていくかとか色々…それらは全てオイラ自身が日々悩み努力を必要とする事ばかりだ。
ですからエラソーに人に教える身分でもないワケだが、3年半の中で積み重ねてきた自分なりのノウハウ(大袈裟な…)を教えられたかなと思う。

教え手としては役不足だったかもしれんが、彼がこの先立派な社会人として一人立ちできるように陰ながら応援したい。

大変だったけどオイラにとってもいい経験だった。

頑張れ若者!
  
Posted by magna250_5945 at 20:33Comments(3)TrackBack(0)