2007年07月31日

気持ち

野菜とメッセージ先日、両親から小包が届いた。
初めての事に、驚き半分と嬉しさ半分、照れ少々…。
中身は実家の畑で採れた野菜だ。

オイラがこの会社に入ってから毎年「母の日」に花を送っているので、気を利かしたのだろう。その気持ちが有り難く、嬉しい。

新聞折込のチラシ裏に母さんの字で暑中見舞う一文があり、なんと言うか、上京したての学生気分で読む。
泣ける思い込み上げる…。
バイクとばせば40分で帰れる実家から小包みが届くなんてなぁ…。

電話でも礼を言ったが、近い内実家帰ったら改めて「アリガトウm(._.)m 」を伝えたい。
  

Posted by magna250_5945 at 21:16Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月30日

試合参戦

昨日バスケの試合があった。

身内練習試合以外でのゲ−ム参戦は初で、プレイヤーとしてはたいした活躍できなかったが、粋のいいベンチウォ−マ−としてはそこそこお役に立てたかと…。
コ−トん中で戦う仲間に気の利いた言葉を投げる、ミスったら励ます、シュ−ト決めたらストレートに褒める、コ−トの外から全体を見渡し、スキを見つけプレイヤー達に言葉で知らせる。
「うるせー補欠がいんなぁあのチ−ム…」と思われても、身内の気持ちが盛り上がるならば…と、オイラはいつでも声を枯らす。
ずっとそうしてきたし、そう教えられた。
バスケは個人競技じゃない。
5人のスポーツでもない。
そう思っている。

本音は、コ−ト内でスタープレイヤー気取れるもんならそうありたい。自分の頭ん中のシュミレーションとしては、アウトサイドがパスパス入って「何〜!しのみノッテるなぁ!よし、ガンガン打て〜!」というイメージだったが…現実はんな甘くないという事だ。

ヘルプで参戦してくれたヤングマン達サマサマな試合だったが、悔しさ半分頼もしさ半分…結果としては彼らがいなかったらボロクソな一日だったと言えよう。

若さから溢れ出す勝利に対する情熱、魂、純粋なバスケ愛、仲間意識、信頼感などなど、彼らをみて改めて学ぶ(思い出す)事が沢山あったような気がする。

次の機会では1本くらい決めたいもんだ。
  
Posted by magna250_5945 at 19:09Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月21日

なんだコレ…









っスゴイ



疲れてる


カラダが…
  
Posted by magna250_5945 at 19:55Comments(2)TrackBack(0)

2007年07月18日

台風週末

その1
雨天夕方効果、予想的中。
カッパ着て遊ぼうでずに−らんど。空いてる。
帰りにフォルクスで肉食う

その2
翌日日曜日、朝からバスケ。スポーツでいい汗かきすぎ。なんちゅう湿度…。
帰って朝風呂。キレイさっぱり気持ちがいい。

その3時
アクセルローズ1
ガンズライブ夜は幕張で、あの大御所ロックバンドGUNS & ROSESのライヴ!この目でホンモノを見ちまった…しかも超至近距離で…メンバーチェンジ後はアクセルロ−ズしかわかんないが、高校ん時毎日のように聞いてた懐かしの曲ばかりで、青春期よみがえる…拳突き上げ興奮度120%!狂うように跳びはね叫んだ。色褪せない名曲の数々、最高だ。

しかし2時間客を待たせんのはどうかと思うが…まぁはなからまともにライヴ進行するとは思ってないが…。
楽しいめたから○で。

妙に充実した週末だったと言えよう。  
Posted by magna250_5945 at 21:36Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月12日

中間を歩け

頑張れと言う。
やってやろうと意気込み、やってみる。
砕ける。粉砕。身も心も風に乗ってどこまでもサラサラと流されて行きたい病発病。

無理しないでと言う。有難いが、情けない。
そらまぁそれにこした事ないけどもね。
現状より進化を求めるのに無理しないでできるものか?
変化、進化=無理、負担が生じるのは避けられないと思っている
私って、基本直球しか投げれない。
中間を歩けない。
  
Posted by magna250_5945 at 19:20Comments(0)TrackBack(0)

ドンブリまいんど

花は生きている。
水飲まなければ死ぬ。
必ず死ぬ。
夏のこの暑さだ、数時間で干からびる花もある。
まして切り花は手をかけてやらんとおっ死んじゃうワケだ。

この業界に飛び込んでからというもの、「花や植物の生に対するモッスゴイ強さ」を知る半面、繊細でデリケートな一面にも当然でくわす…両極を覚えた。

そして我々はこの花達で飯を食う商売人である事は今更さら…。

仕入る花は財である。
10円100円…様々だが、丼ブリ感情な場面にでくわすと驚きを通りこして呆れるいうか…この1本粗末に扱う事で発生する損失、労力、時間があまりに無駄過ぎる事に改めて気付く。逆にいえば、その1本丁寧に扱う事で得られる利得、気持ちの良さ、スムーズな作業効率、ちょっとした気遣いでその後のアクションにお−きくひびく。
知っているのにかぁ〜!…なんでょ…みたいな時が減らぬ。
全て「時間がねぇ…」で片付ける…もぅやめさすぞ。
と、意気込みだけイッパツ。
  
Posted by magna250_5945 at 00:56Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月10日

崩した

体調が崩れた。
最悪の週末と週明けを過ごしている訳だが、全て自己の健康管理責任というベきか…。

だるだるさ絶好調、寝過ぎで頭重い…喉炎症最悪腫れ過ぎで苦しい。
こんな時ってなんか全てがイヤになってしまう病も併発してしまい、明日からの自分を見ようとしない自分がそこにいたりと、まぁいわゆる現実逃避な野郎がオレに出番だと言わんばかりに走り回る。
「もう頑張ったじゃね〜か!十分だろが、なっ!2.3年くらい休んじゃいなって…いひひひひひ…」

疲れるから何も考えずに横になっていても、フと眠りに落ちた時夢を見ているという事は完全にピタリと止まってはいないんだわ。
ピタリと止まっちまったらアンタ‥サヨウナラですから。

この後も含め4日間8割方寝て過ごすハメになるとは‥弱いんだろうか‥。

  
Posted by magna250_5945 at 14:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月03日

超ポジティブ

ウチの会社は若い年齢のスタッフが頑張っている。というより皆若い。

中でも主格の若大将は超前向きな精神の持ち主であり、口だけ野郎(私含まれる)とは違い、実行動タイプ。言いたい事もきちんと言える。ようになったそうな。その部分は素直に尊敬に値する。たいしたもんだ。
職務上うまく事が運ばない時や、ミスで上司よりツッコミをくらって急降下で凹んでも一杯飲んでちょと寝れば、またテンション↑、立直りも早い。
多少口が悪いが、欠かせぬポジションで欠かせぬ存在である事は間違いない。

なによりその前向きな、チャレンジをする精神ってのは、今ウチの会社では重要な要素であり、それを他の誰よりも強く持っている彼は実に頼もしい。

じゃ、アンタはどうだい?存在価値と貢献度、活かせるべき要素を活かせているかとか…悩みは尽きないと。
苦手意識を取り払い、苦手に向かえ!
…苦痛だ。
だがやれる事はある。
とりあえずオイラは優等生じゃねぇんだ。1コ1コやるしかね。
  
Posted by magna250_5945 at 14:30Comments(2)TrackBack(0)