2005年08月31日

ジブリ美術館

05-08-28_13-53.jpgロボット兵でけぇ…
  

Posted by magna250_5945 at 22:49Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月24日

カナヴ〜ン

b71b5668.jpg晴れた空の下、昼飯後気持ちよく歩いていたら何やらモッスゴイスピードでヴ〜ンっと耳の脇を飛び抜けていくヤツがいた。
「つっとぅ!!」自然と体をダッキング。目線をやったその先に、何とも不器用そうに地面にゴガンっとぶつかり着地するキラリと光る物体が!
そう、やつはカナブン。音からするにスズメバチか何かとびびってしまったオイラがちょいと恥ずかしい…。
懐かしさのあまり接写してやったら、カメラのレンズに向かってまた不器用に歩き出す。画像がぶれるあまりに10カットくらい連写してやった。

子供の頃、クワガタ採取用に仕掛けていた果物の皮にカナブンが群がっていた時のショックが蘇った今日この頃…「ちっノコいねーじゃん!(ノコギリクワガタ)カブトムシのメスかと思いきやカナブンかよ!」
いつの時代も歓迎されないカナブン。なんだかちょっと可哀想なヤツだ。  
Posted by magna250_5945 at 20:08Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月20日

キングプロテア

05-08-19_21-42.jpg私流一言で例えるならば
そう、アンタは「太陽」
物凄い存在感。とその主張。
「オレァここにいるぜ!!」てな印象がビシバシ感じられる。
  
Posted by magna250_5945 at 13:09Comments(1)TrackBack(0)

2005年08月16日

捨てられない

05-08-16_21-19.jpgとっといたって何するワケでもないんだが捨てらんないモノ。こいつぁ新車のドゥカ1ヶ月目で立ち転けした時パッキシ折れたブレーキレバー。
………いや使えねーじゃん!捨てろって!オブジェにもなりゃしねぇ!
…なんか捨てれん…なんか…

  
Posted by magna250_5945 at 21:25Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月14日

鼻水

05-07-23_08-12.jpgバイク運転中は当然手が離せない。メットかぶってるから余計顔周辺はイジれない。
てコトでこんな状態もありうる。
鼻水もここまで垂れ落ちると笑うどころか感心しする。すげ−鼻水、切れね−!頑張れ鼻水〜!
  
Posted by magna250_5945 at 20:19Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月11日

第3回富士山頂上制覇

e05b53c3.jpgここ数年で夏のお約束行事となりつつある富士制覇。
今回は3回目。
いつも親友のE氏と2人で登っていたのが今回は5人に増えた。
今回の登山道は『須走口』というトコロから22:00スタート。
6合目までがやたらとダラダラ長いコースだ。
先頭きって歩くも後ろがついてこない…飛ばし過ぎか…。各々ペース配分もノリも歩き方も違う。団体行動を乱してはならぬオレ…。しかし気を使うとコチラも乱れる…んん、難しい。
とても良い晴天に恵まれて頂上付近?(…頂上で見るには40分間に合わなかった)で最高のご来光を見る事ができた。
深夜から登ると凄寒なのでお日様上がった時の有り難みを全身で感じる。最近はいつもいつも「暑ぃ〜!」とか愚痴を言ってゴメンよ太陽…。
頂上到着は5:50、ガッツポーズで鳥居をくぐりゴール。やってやったぜ富士よ、V3達成だ。
休憩も入れて片道トータル8時間…ペースも遅くグダグダだ。でも結果良ければ全て良し。
仲間5名内2名は高山病になってしまい途中下山する事になりとても残念だったが、新メンバーを含む3名はケガ事故無く無事頂上まで登りきった。達成感に全身を震わせる瞬間だ。
雲海下山中180度視界いっぱいに広がる雲海は何度見ても超幻想的。飛べそうな気がするんだ…。

私的登山とは!『自分自身精神との戦い』であると偉そうな事言ってしまうけども、どんな事にも共通して言える事だと思う。何でも辛い事をしている時というのはどうしてもマイナス思考になり易いものだが、そこで諦めてしまったら全てが試合終了なんだ。(そーですよね安西先生…)


制覇目標がその先で待っているならば疲れ過ぎて上がらない足引きずってでもそのゴール目指して歩めるものです。その目標を手にしたいという気持ちと精神の強さが重要なんだと思います。(そーですよね安西先生…)
失礼、この暑い時期に熱く語ってしまった…暑苦しい…
皆さんも一生に一度、『日本一を制す』如何ですか?
  
Posted by magna250_5945 at 23:19Comments(3)TrackBack(0)

2005年08月09日

限りある時だから

92d219f9.jpgずっとこの時を待っていた
地の底で待っていた
いざ迷わん己の心

地表を目指せ地上を目指せ
夏の暑さが魂を震わす
己の季節を全身で感じろ
この着ぐるみ一枚脱げば
大空羽ばたく己になれる

あちらこちら罵声をくらおうが
全身震わせて命を叫べ
限りある時の中で限りある命を悔い無きのもに
恋をして新しい命を育め

短い命だから儚いなんて言ってる連中の頭上から
叩き込んでやれ
極限の素晴らしきストーリーを
  
Posted by magna250_5945 at 21:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月06日

花火

c7e225c6.jpg夏の風物詩
晴れた夜空に花火
浴衣に雪駄
凛とした気持ち
日本人している様
荒川の土手まで歩く歩く…

鼻緒で足の甲皮擦り剥ける。痛い。
馴れない浴衣歩幅半歩づつしか進めない。もどかしい。
片手にぬるいビール。直前に買えばよかった。
年一の納涼イベントで去年は雨降りだっただけに今年は凄い人人
子供も大人も夜空見上げる
皆楽しそうに笑顔
縁日の出店も繁盛繁盛
呼び込みの威勢いい声が飛び交う
蝉の鳴く声も絶好調

hanabi2ドンっと身体に響く程の打ち上げ花火
限りないキャンパスを彩色に彩る
単純明解なまでにそのデカい画に皆魅了される
そう、これが花火大会だ。
改めて実感した。

  
Posted by magna250_5945 at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月04日

観葉植物

3fe4e1f8.jpg先日鉢物入荷の際仕入れたminiKANYO'S!
1コ単位でもかわいいが、ケースで見ると何ともバラエティー豊かな顔ぶれがあり、楽しくなっちまう…のはオイラだけであろうか…
でも小さいからといって侮っていたら痛い目みた。閉店で片付けん時、ケースを握った瞬間あ痛っ!と思ったら一番手前のミニサボテンの上に親指を押し付けていたんす。
親指離すとすげー数の小さい刺が、まるで鼻パック剥がした時の毛穴の汚れみたいにびっしり刺さっていた!Oh~No---!忙しい最中チマチマと刺抜きに時間を費やしちまった…ちっ  
Posted by magna250_5945 at 19:05Comments(1)TrackBack(0)